AGAの原因と前兆

AGAの原因と前兆

髪の状態がどうなっているか?

今の時代、若者にも多くの人が見受けられるAGA現象。以前私が働いていた会社にも、大卒の新人として入ってきた男性が既にAGAの症状になっていました。AGAは女性も発症する現象になりますが、毛量は肥満や肌荒れと同様、人の見た目の年齢を上げてしまう一つの要因です。また日本国内では、頭髪が薄い人への印象はあまりウケが良くない場合が多いです。その為、異性に避けられる原因だったり、自信が持ちづらい要因になっている場合があります。

男性の場合、肌荒れ等を気にする方はさほどいないとは思いますが、髪型は割と気にしている方が多いでしょう。この髪型が決まる、決まらないは、AGAの前兆を知るきっかけにもなります。理由は、髪の毛のハリやコシ、毛量を失うことで、今まで通りのスタイリングがしづらいのです。

AGAの原因と前兆

特に整髪剤を使う場合、あまりつけすぎると、整髪剤の重さで髪の毛がへたってしまうのはよくあることです。もし、ハリコシを失えば、通常の整髪剤の量でも髪が限界に達してしまうんです。このように、以前は毛髪も太く、もう少しハリコシもあった気がするなという人が急になんだか髪の毛に元気がない気がすると思ったのであれば、AGAにかかりつつあるかもしれません。

その他、なんだか髪の毛がスカスカしてきて、地肌が前より見えるようになったと感じる方もいるでしょう。女性の場合、髪の毛をポニーテールのようにギュッと結ぶことで、引っ張り過ぎて生え際に負荷がかかったり、ツインテールのようにわき目部分から地肌が目立つ現象が起きたりします。

こうした症状は確実に頭髪が発育しずらい環境に陥っていると言えます。要因はこうです。人はホルモンという物質があってこそ、男女の区別がついています。このホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)という物質が頭皮に多いと、頭髪が抜けたり、発毛を止めてしまう原因となるのです。

DHTが増えることでリスクが高まる

DHTが増えることでリスクが高まる

この物質は誰でも保有しています。男性ホルモンが過剰になると、多毛症という症状が女性に起きるのですが、その理由として男性ホルモンには毛を増加させる役割があるからです。しかし、この物質がある酵素(5α還元酵素)によって生成されたのがDHTという物質になるのですが、これが増えると毛髪サイクルに誤った信号を送り始めます。

髪の毛は、成長→退行→休止とい期間を繰り返します。サイクルのほとんどが成長期なのですが、髪の毛が抜け落ちる場合は、下から新しい毛が成長すると、押し出されるように抜け落ちます。成長が止まる信号を受け取ると、退行期を経て休止期に入りますが、殆どは数か月後にまた新しい毛が生え始めるのです。

しかしDHTは、こうした成長途中の毛根に誤ったシグナルである休止や退行時期に入るように仕向けてしまいます。その為、これから太くなろう、伸びようとしていた毛が抜け落ちる方向に進路を切り替えてしまうので、毛髪がどんどん薄くなったりする現象が起きます。この状態がいわゆるAGAになるのです。

一刻も早く状態を正すことが必要

一刻も早く状態を正すことが必要

この状況を止めるのがプロペシアと呼ばれるAGA治療薬であり、現時点で唯一国から承認を得ている商品でもあります。そして発毛を促すミノキシジル。2つの薬を合わせて使うことによって、より効果が高まりAGAの悩みを解消してくれるはずでしょう。入手にあたっては医療機関が一般的ですが通販サイトを利用するという手もあります。

薬の通販は個人輸入