ミノキシジルとプロペシアを体験

ミノキシジルとプロペシアを体験

相乗効果はすごかったですよ

実は私もミノキシジルプロペシアのお世話になった、その張本人でもあります。私の場合、全く気が付かない間に後頭部がスカスカになってきたのです確かに触るとなんか少ないと感じていたのですが…ある時、いつもの床屋に行くと、減ってきているというのをやんわりと指摘してくれたのです。そこで、鏡で見せてもらった時の驚きと落胆は今でも忘れません。

当初は市販で販売されているミノキシジルの外用液を使用していました。その時出ていた成分量が低かったこともあることからかもしれませんし、食生活もさほど改善しないまま始めたというのもある為、あまりすごい変わったという実感がないまま時が過ぎていきました。

自らをハゲていると認める勇気

自らをハゲていると認める勇気

そこで意を決して一度AGAを専門に治療している病院に出向きました。以前から噂に聞いていたプロペシアの処方が行われるようです。一応その際、ミノキシジル外用液を使っていたことも伝えたところ、特に併用しても問題ないと言われた上、その方が効果が上がると聞いたので、まだ残っている外用液と並行してプロペシアを使い始めました。

1、2か月位はあまり感じなかったのですが、3か月程すると、後頭部の感触が変わってきました。少し増えたような、というか太い髪の毛の感触があるような…と言った感覚です。鏡で見ようにも見えなかったので、スマホで写真を撮ったところ、確かに以前床屋で見た以上に地肌が見えづらくなっているのが分かりました。

これに気分を良くした私は、勿論この方法を続けていたのですが…病院に行くのは殆ど薬をもらうだけで、更に仕事も忙しくなってしまったので、時間を束縛されず治療費の負担も少なくすむという通販サイトで購入するという方法を友人から教えてもらい切り替えたのです。ちょうど4ヶ月5ヶ月くらいでした。やはり全額負担というのはネックであったためやむを得ずの判断です。そしてそれは正しいものだと今では実感しています。

医療機関から通販へ切り替えていく

医療機関から通販へ切り替えていく

通販ではプロペシアのジェネリックであるフィンペシアと、海外のミノキシジル外用液ロゲインを購入し、以降はそれを続けるようにしました。ところが薬をジェネリックに変えても効果は衰えることなく、6か月たったころにはかなりの改善がみられ、1年後には殆ど薄いと感じる部分がなくなったのです!私の場合、体調が悪い時にふらつきがあったりしたことはありましたが、特に大きな副作用等に悩まされることなくここまで来たので、この薬があっていたのかもしれません。

しかしこれだけ効果が高ければ、早くネットで調べて発毛効果がより高いと言われるミノキシジルタブレットも使えばよかったと今では思っています。ただおそらく私は軽度のAGAであったことから外用液でも十分であったと納得しています。気付いたときには進行が進んでいますが、なるべく早く手を打つことによって治療費と服用する時間も少なくなり、副作用も大幅にその確率が低くなるでしょう。皆さんも気付いたときにはすぐに何かしら手を打ち、髪がある喜びを実感して下さい。

薬の通販は個人輸入