プロペシアの使用上注意すること

プロペシアの使用上注意すること

抗アンドロゲン作用が仇となってしまいます

プロペシアを使う上で一番注意をしなくてはならないことがあります。それは妊婦や妊娠の可能性が少しでもある女性に対してです。何故?と思われた方が多数いると思いますが実は、このフィナステリドは胎児に対して悪い影響がある可能性が非常に高い成分なのです。その注意事項は触れる事すら絶対にだめだと記されています。液体ではないし、飛び散るという事もない錠剤なのですが、皮膚からの吸収すら危ぶまれているのです。

特に男児がお腹にいる場合、男児の生殖機能の発育が正常に行われなくなる場合があり、胎児危険度分類の中でも最高クラスのXに分類されているだけあって、危険物としての扱いと同様になってしまいます。そのくらい、胎児への影響が非常に懸念される成分なのです。

そうなると、子供を作る為に必要な精子への影響はないのか?と考える人もいるかもしれません。調べてみたところ、精子への影響は全くない為、その点は問題ないと思っていても良いかもしれません。但し、通販サイトで購入した場合は、成分量が日本で販売されているそれとは違い、高い場合が考えられます。

その結果、確実に問題ないとは言い難くなるので、もし通販等で購入された場合は国内で売られている成分量と見比べたりするのも一つの手段でもあります。また妊娠を望んでいる女性に対しても、この薬品は触れさせない為に、そういった薬を飲んでいてこういう作用があるから触らないでくれということはちゃんと伝えるべきでしょう。

男性機能の低下を招くことがあります

男性機能の低下を招くことがあります

その他、これはよく耳にすることかもしれませんが、EDになってしまう傾向もあったりします。とはいえ、これも千差万別で万人がなり得る副作用という訳ではありません。なる人もいれば問題なく機能する方もいます。逆になるのではと気にしすぎてなってしまう人もいるので、気にしないことが大切かもれません。それ以外に重い副作用になると、肝機能障害が稀に起こると言われています。

どんな薬でも副作用はつきものではあります。しかし、自身の体調を鑑みた上で、説明書通りに服用していれば、大抵の方は大きな副作用に当たることは少ないと言っていいでしょう。

薬の通販は個人輸入